HAPPY HAPPY Wedding Day
                                                            〜素敵な結婚式ってどんなの?〜

TOP 結婚式準備 結婚式当日 結婚式後日 LINK りんくについて

結婚式準備
  
  結婚式ダイエット

  ウエディングエステ


結婚式当日 

  披露宴の演出

  花嫁のスケジュール

  ウエディング小物


結婚式後日

  結婚式失敗談

  結婚式の二次会

  結婚式の写真の整理


リンク集

   リンク@

   リンクA

   リンクB

   リンクC
 

   
リンクD

   
リンクE

   リンクF

   リンクG

   リンクH


  リンクについて
   
結婚式の二次会



さて、皆さんは結婚式の二次会をどんな風に盛り上げていますか?


結婚式の二次会をどのようにセッティングし、何を準備するのか


二次会の幹事さんの立場からと、花嫁の立場からのことについて


説明していきたいと思います。


花嫁の立場・・・・・・・


まず花嫁は、幹事さんを決めなければいけません!
ここで大事なのが、日ごろの飲み会なので場を盛り上げてくれる人のチェックです。
そして、気が利く人もチェックしておきましょう。


幹事は大体花婿側から2人、花嫁側から2人くらいが理想です。
あまり多すぎると、幹事同士の話がまとまりませんし、話し合いの時間が合わず大変になってしみます。
なので、4人が妥当だと思います。


前もってチェックしておいた4人にお願いしておきます。
結婚式の招待状を送るときにも、「結婚式の二次会の幹事をよろしくお願いします」と書いたお手紙を添えておくことを忘れないでくださいね。


4人に了解を得たら、4人のメルアドなどを教えてあげます。
そこからは4人に任せましょう。


しかし、大事なのは結婚式の二次会の出席人数の把握です。
幹事の人にそこまで任せるわけにはいきませんから、自分のお友達には自分で、メールや電話等で。二次会の出席の確認をしましょう。


そして、早めに出席人数を幹事さんに伝えましょう。
人数が多少増えるのはかまいませんが、減るのは幹事さんは大変困ります。


プレゼント、会場費など先に払っておくお金は二次会の幹事さんが払ってくれているからです。
人数が当日減ってしまった場合は、幹事さんが自腹で穴埋めしてくれることがほとんどです。


もしも、二次会の人数が急に減ってしまった場合は、必ず後ほど幹事さん4人を新居に呼ぶなりして、御礼をし、なにかプレゼントを渡すなどすれば、花嫁としての株があがることは間違いありません!!


みんな二人のためにがんばってくれているので、心からのお礼を忘れずに・・・・
後は、幹事さんにお任せして、二次会を楽しみましょう。


幹事さん・・・・



結婚式の二次会の幹事さんこれは大変責任重要です。
主役の二人に楽しんでもらうのも当然ながら、二次会出席者にも楽しんでもらわなければいけません。


まずは、会場探しから・・・・大体の人数が分かれば、早速会場を探します。
あまり広すぎず、狭すぎずがポイントです。
広すぎますと、主役とみんながなかなか、話せなくなります。
狭すぎるのは問題外ですが・・・


フード類もおいしいところで、お酒類は飲み放題、立食でもかまいませんが、主役の二人が座れる、上座は用意しましょう。お花などを飾ればもっとよし!!


お店によっては、上座のお花なども用意してくれます。
相談しましょう。
二次会の招待状なども作ってくれるお店があります。
作ってもらえない場合は、地図入りの招待状を前もって準備し、結婚式当日の受付で渡してもらいましょう。


会場+食事+のみ物代で、一人¥3.000〜¥4.000くらいが妥当でしょう。


ただ、食べて飲んでおしゃべりだけでは面白くありません。
他にもゲーム、主役の二人へのプレゼント渡しなどもしましょう。


ゲームは、ビンゴやヒンゴ(一人づつに紙を配り、その紙にひらがなで名前を書いてもらいます。幹事がビンゴの要領で、あ・い・う・え・をを書いた紙を目をつむり引いていき、読み上げ最初に名前の文字が全て読まれた人が、勝ちです。)


商品は5個ぐらい用意します。一位、二位はかなり豪華なもので前に飾って見栄えのするものがいいでしょう。
ネットで購入すると会場に運んでくれたりしますので、準備が楽です。
また目録を作って派手にするのもいいでしょう。


はずれの人にはうまい棒をひとつ渡すなどしてもいいでしょう。
何もないよりは、何かひとつでも持って帰ってもらいましょう。


主役の二人へのプレゼントは、ケーキ、花束、電化製品などがいいでしょう。
二人に聞いてほしい物をプレゼントしても喜ばれます。


会費は、全て込みで¥4.000〜¥6.000くらいがいいでしょう。
あまり高すぎると、若い子たちがこれなくなってしまいます。
せっかくですので、たくさんの人に来てもらいましょう。


主役二人の分+幹事一人 無料と、いう会場は多々ありますので要チェック!
会費を節約するのも幹事の役目です。


二次会が終わりましたら、お店の方にお礼を言い、お金を清算します。
その後忘れ物がないかチェックしてください。
お酒が入って忘れ物する方が意外といます。


最後に・・人数が減ったりして自腹で会費を穴埋めしないといけない場合があります。その場は、主役二人のためだと気持ちよく出してあげてくださいね。
けして、主役の二人には出してもらってはいけません。


二次会の幹事は、参加人数も多く大変だと思いますが、一生に一度の(二度、三度の人もいますが)晴れ舞台のお二人のためです、がんばってくださいね。





TOP||結婚式準備結婚式当日結婚式後日
リンクりんくについて2
サイトに掲載されている画像・文章・データなどの無断転用,転載をお断りします。
Copyrightc2007 http://happy.wedding.nm-mky.com All rights reserved.